たいしが綴る、日々の出来事や最近気に入ったものなどの雑記。


by truenotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

桜雪

c0087320_9395671.jpg金田一が好きなんですが、この『雪影村殺人事件』は多作スタッフの元樹さんから、「後期の作品ではこれが一番いい」と薦めて頂いたもの。

昨日初めて読んだのですが、風景や人間模様が一つ一つ綺麗に描かれていて、比較的初期作品が好きな自分もこれにはかなりグッときました。行きも帰りも電車の中で熟読し、帰りの電車の中では途中寝てしまったために、まどろみの中“夢×漫画×現実”の三世界を行き来するという、かつて無い貴重な体験をしました(笑)

まだ読んだことの無い方、金田一を初めて読まれる方にもお勧めします。
[PR]
by truenotes | 2006-08-31 09:53 | 独り言

Here We Go

今日の多作は、chibiさんの現体制での最後のワンマンライブでした。

2年前の春、多作に出戻ったばかりの自分は物は試しとchibiさんのPAを任され、それまでのスタジオ研修時代の経験を活かそうと努力するも、リハ中にボーカルマイクか何かで思いきりハウってしまい、たったそれだけでPAがまともにできないくらいのパニックに陥りました。

1年前の春、chibiさんのライブを普段担当されていた鉄さんからワンマンライブのPAを任されることになり、自分一人で正直巧くやれる自信も無く、ライブ前日に一人で海を眺めに行ってはどうにか気持ちを落ち着かせていました。

そして今日、多作が超満員でのワンマンライブ。心の底にあった感情はPAをなんとかこなすための緊張感ではなく、一分一秒でも長くPAしていたくなるような期待感でした。あっという間に時間が過ぎていきました。終わってみてやはり自分のPAには100%の満足はしておりませんが、全力を尽くした感はやはり気持ちいいです。

この2年間、chibiさんには勉強させて頂きました。これまで携わってきた数々のライブの中でも、chibiさんのそれらは間違いなく“ライブ”でした。
これからも続いていくであろう自分の音楽人生の中で、こんなに素晴らしいアーティストにめぐり逢えたことを大変嬉しく思っております。
[PR]
by truenotes | 2006-08-31 02:16 | 音楽

L'

c0087320_8383742.jpgラルクの8cmシングル15タイトルが12cmで再販されましたが、この3枚で買われた方はいらっしゃいますかね?
若い子達には馴染みが薄いかもですが、この「浸食 -lose control-」「HONEY」「花葬」は98年当時にシングル3枚同時リリースをして話題になったんですわ。
当然筆者に家には当時のシングルが3枚ともあるわけで、『ray』というアルバム一枚にも全部収録されているわけで、完全に趣味の領域です。

98年に中3だった自分は夏に市の派遣でオーストラリアへ行ってきました。行った先がわりと田舎だったこともあり、この時期にあの広大な世界を知ったことで、毎年夏が来る度に思い出してしまう程当時としては貴重な体験をしたわけですが、このラルクの3枚もカセットにダビングしていって現地でよく聴いていたんです。特に「花葬」なんか聴くだけで頭の中に当時の情景が広がります。
なので夏のこの時期にリリースをされた日にゃ、もう買うしかねえと。他にも「DIVE TO BLUE」とか「flower」とか欲しいのはあるんですが、全部8cmあるんでお金に余裕があったら追々。

なお地元のCD屋には予約分のみの入荷しか無いらしく、3件まわって店頭には全く置いていませんでした。半ばあきらめかけて渋谷のタワレコに行ったところ、これが普通に並んでいたと。頑張れよ地元…。
[PR]
by truenotes | 2006-08-30 09:07 | 音楽

SOUL

昨夜は約一年ぶりの『Soul Bomb!』という、コアな多作ファンには涙ものであろう(解りづれえ)アコースティックイベントがありました。

ライブ自体がすごく良い内容で、PAをやっていてもあっという間に時間が過ぎていったようなライブでした。最後の海老沢さんの「ファミリー」には感動。昨日あの場に居ることができたのが幸せです。
ライブが大盛り上がりの末案の定終演が押してしまい、帰る術を失った自分はアーティストの方々&常連のお客さんの皆さんの酒宴に誘って頂き、明け方まで飲みました。会場は多作近くの怪しげな雑居ビルの9階のお店にて(1Fは大人系ビデオレンタル屋“ラムタラ”。こんなビルの9階なんて一人じゃビビって入れない)。
空腹だった上に、先週は火曜から昨日まで6連勤だったので体調管理のためにお酒を我慢していたこともあり、酒が回る回る。久々に立って歩くのもグルグルするような状態に。朝の電車でなんとか帰るも、地元駅に着いた時点で目が覚めるというギリギリっぷり。寝過ごしていても何ら不思議は無かったと思うだけに、変なとこでラッキーな野郎だなと自ら思ってしまいます。

結局家に帰って風呂に入って、10:00〜14:30くらいまで眠りのどん底に。起きたところで抜けているはずの無いアルコールが体を蝕む。起きてから1時間くらいぼーっとして、とりあえずまともな食事をしなきゃと思い、何か食べにチャリをこいで駅前へ(何食べるかを考える前にチャリを出してしまう辺りに、帯びた酒気を隠せない)。結局日高屋に行ってタンメンを食べてきました。

こうやって、この夏最後のオフをダラダラと過ごしているわけです。いろいろと感じるところはございますが、昨日の酒宴が楽しかったからまあいいやと思う所存。
[PR]
by truenotes | 2006-08-28 18:23 | 日記
おはようございます。冥王星の惑星除外問題は、現代の子供達への教育の見直しよりも、発売中の図鑑の改訂よりも、セーラープルートの存在意義に影響すると考える野口です。

この週末も土日共に朝から晩まで渋谷の地下という、相変わらずの日々をおくっております。
ハッキリ言って体は全然楽ではないのですが、こちらも埼玉県立高校卒のなけなしの知恵があるわけで、万全の状態で仕事をするために朝から梅干しやバナナを食べたり、休憩ごとにおにぎりを一個ずつ食べたりと、自分なりに食事でカバーしています。この“食”に関しての話は語りだすと長くなるので追々。

さて、24時間テレビやってますね。自分も昨夜家に帰ってからちょっとだけ観ました。芸能人の過去の恥ずかしい映像をただ流しまくるコーナー。くだらないんだけど、深夜番組ノリは嫌いじゃないです。あと日テレに千野アナが出てるのに不思議な感じがしたのは俺だけじゃないと思う。

そんなこんなで仕事しかしていないため若干ネタ不足気味な日記ではございますが、明日はオフなのでそれを心の拠り所にして、心でサライを歌いつつ今日も一日頑張ります!
[PR]
by truenotes | 2006-08-27 08:59 | 車窓

DARK HALF

暑い日が続きますね。こう暑いとなかなか疲れも取れなくて、忙しさ故にストレスも溜まってしまったりと悪循環。よろしくないですね。

夏に入ってからの疲れがだんだん溜まっているのか、今週入ってからは心身共にしんどかったので、今日はいつもよりちょっと遅めに起きて体を休め、昼ご飯には日高屋にて担々麺をセレクト。辛いものは食欲を促進して夏バテ防止になりますからね。それに加えてにんにく餃子。食べるものをしっかり食べて、この残暑を乗り切ります。

話は変わりますが、自分はこれまで22年間、寝る時は豆電球派でした。真っ暗だと怖いとかそんな理由じゃないですが(笑)、なんとなく点いてる方が落ち着くかなあと。
ところが夏に入って寝る際の部屋が凄まじく暑いため(寝る時にエアコンなんて体に悪すぎてNG)、窓の網戸を全開にして、カーテンをちょっと開けて寝るようにしたんですよ。で、カーテンを開けると部屋の灯りが漏れてしまうため、消灯するようにしたんです。
そしたらまあ、真っ暗にした方が全然落ち着くじゃあーりませんか!おかげで日々安眠しております。

さっき久々に散歩に行って来て気分転換できたので、今日も一日頑張ります♪
[PR]
by truenotes | 2006-08-25 13:40 | 日記

体内メンテ

まず一昨日の出来事。
仕事中に水を1ℓ程飲むのですが、一昨日は買い置きしてある“南アルプス天然水”を家に忘れてしまったため、本番中に水が飲みたくなり多作で売っているミネラルウォーターを購入。常温か冷えたものかを選べるのですが、暑かったので冷えたものを選択。
一口飲んでさあ本番!ところがしばらくしてすぐ異変が…おなかを壊しました(泣)
いくら冷えてるっていっても一口だよ一口。元々おなかは強くないのですが、どんだけ弱いんだ俺のおなかは…。
それは出演5組中4組目のアーティストさんのライブの真っ最中での出来事。席を外すわけにもいかずもう必死。おなか手で押さえつつうずくまり気味でPAをこなし、転換中にダッシュでWCに駆け込んだとさ。この季節、皆さんも冷たいものにはご注意を(そういう筆者は先程ハロハロをペロリ)

昨日は昨日で照明の仕事だったのですが、終わった後に首のコリがハンパなくて頭痛も併発し、帰りの電車はもう地獄。一晩明けても違和感が残っていたので、先程地元の整骨院へいきマッサージをしてもらいました。今日もVoix Douceの60分ライブのPAを控えているだけに、やはり万全の調子で挑みたいですからね。そこは割引もきいて¥2,000くらいと、これまで出向いた中で一番お安い料金だったので、今後頻繁に通いそうです。

出勤までもう少し時間もあるため、部屋でもう少し体を休めてから出発します。BGはくるりのベスト。心地良いです。
[PR]
by truenotes | 2006-08-24 12:50 | 日記

気分浄々。

高校野球決勝に感動して涙が止まりませんでした。

15回までしのぎを削った後敗者を出さなかった昨日、そして9回最後の最後まで接戦を繰り広げた今日。昨日今日と歴史に残る熱戦を繰り広げた両チーム、一方的ではありますが感動をありがとうございました!

しかしまあ、何こんなにも泣いてるんだろうと思える程、一人テレビの前で引くぐらい涙した自分(笑)ピークは監督の寛大なインタビューでした。

たまに泣くと気持ちがスッキリしますね。気分浄々。
[PR]
by truenotes | 2006-08-21 15:19 | 独り言

今日はオフでした。
というわけで、今日の日記パート2(四次元ポケット缶風に)。

c0087320_05441100.jpg夕方過ぎ、高校の部活のマナブ先輩と一緒にビアガーデンに行って来ました。
野外で酒を飲むというシチュエーションはこの上なく高揚するわけですが、少々料金がお高い上に雨がパラついてきたこともあり、ジョッキ一杯とチヂミを頂いた後、いつもよく行く沖縄料理屋に流れることに→。
ちなみに自分は真っ昼間から既にプロレス会場でビールを飲んでいたため、ビアガーデン前にはもうとっくに酒気を帯びていたとさ。

二人してジョッキ一杯で既に酔っていたため、酒なんかよりすぐにでも沖縄そばが食べたいと切実に願いつつ、着いた沖縄料理屋はなんとお休み。沖縄そばよ…モーレツに凹む二人。二人とも酔っているせいか喜怒哀楽が激しい。
仕方が無いため、これまたよく行く居酒屋“だいどころ”へ流れました。

c0087320_154041.jpg高校時代の話題が出たりするわけですが、その話題の1つに、6年前の夏に部員男女8人くらいで、ある先輩のお家で宴会的なイベントをやったことについて。思い出すだけで何とも言えない懐かしさがこみ上げてくるのに、今日の先輩のジーンズがあの日あの時あの場所で履いてたものと全く同じだということを聞き、さらに懐かしくてだんだん切なくなる自分(喜怒哀楽が激しいのは酒気帯びのせい)。
あの日着ていた七分袖のTシャツもまだお家にあるらしく、物を大切にする姿勢に脱帽。自分なんてあの日の洋服何一つ残ってないよ。

先述した通り明日もお休みです。体をゆっくり休めつつ仕事に備えますわ。
[PR]
by truenotes | 2006-08-21 01:20 | 日記

今日はオフでした。
というわけで、今日の日記パート1(四次元ポケット缶風に)。

c0087320_2352355.jpg昼頃なんですが、久々にプロレスを観に行って来ました。ビッグマウスラウドの後楽園ホール大会です。
最近復帰した高山善廣選手が鈴木みのる選手とメインエベントで久々にタッグを組むということでなんだか面白そうだなと思い、当日券狙いで足を運んでみました。そのメインではサプライズで新日の永田裕志選手が出場したりとなかなか楽しめる内容でした。やっぱベテラン勢の試合は面白いですね。

今日の個人的な目的は、パンクラスMISSIONの鈴木みのる選手でした。
総合格闘技仕込みの技術的な闘い方をすることと、「世界一性格の悪い男」をキャラとするクセのあるパフォーマンスがなんだか好きで以前から応援している選手なので、これを機に是が非でもサインを一枚貰って帰ろうと、わざわざ色紙を購入して行きました(こういうことには手を抜かない性格)。
会場に入ると鈴木みのる選手のグッズコーナーがあったので、スタッフの方に聞いてみました。

たいし『鈴木みのる選手って今日こちらにいらっしゃったりしますか??』
スタッフ「ええ、11:30頃からサイン会を行いますよ。」

やったぜ。なのでしばらくその場で鈴木選手を待つことに。11:30過ぎ、鈴木選手登場。カウンターに着くや否や、一番乗りで鈴木選手のもとへ行く俺。

たいし『すみません、色紙にサインいただいてもよろしいですか?』
鈴木「(グッズを)買ったらね。」

ピシャリ。さすがは「世界一性格の悪い男」。しかしまあよく考えりゃそりゃそーだ。売店にまでわざわざ来ていて、何も買わない客にサインしてくれる程世の中甘くは無いであろう。なのでその場でTシャツを購入。

鈴木「(サインを)色紙にすればいいの?」
たいし『お願いします!…あとTシャツにも頂いてよろしいですか??』

c0087320_0103917.jpgてなわけで両方頂いちゃいました。最初の威圧感にはちょいとビビりましたが、ちゃんとサインをして下さった上に向こうから握手までして下さった鈴木選手に、何度も頭を下げてきました(笑)

例えばプロレスの音響照明その他の演出だったり、鈴木選手のプロとしての立ち振る舞いだったり、今日の経験は直接とはいかないまでも、自分が今やっていることに何かしら活かせると思うんですよ。こないだ飛行機に乗った時の客室乗務員さんの行き届いた接客にも、同じサービス業をしている側として非の打ち所のないプロらしさを感じましたし。

毎日何も考えずにただ生きるのではなく、ちょっとしたことからでも何かを吸収して日々成長していきたいですね。

最後に…コアな日記でごめんなさい。
[PR]
by truenotes | 2006-08-21 00:48 | 日記